FC2ブログ

追加コミックのご案内 ハチミツとクローバー 全10巻

haticuro.jpg

基本80年代ジャンプを夢中で読んでいた世代なので
少女漫画には疎いのでございます。
ざっくり読んだ少女漫画ものと言えば、ガラスの仮面、
僕の地球を守って、生徒諸君!、動物のお医者さん、川原泉作品、
エロイカより愛をこめて、有閑倶楽部。。。と
数えれてしまう位です(笑)

そんなジャンプ万歳な僕が久しぶりにちゃんと読んでみた少女漫画。
ハチミツとクローバー。
ちょっと長くなったので、続きからどうぞ。

ジャンルはラブコメ?なのかな?
コメディー要素は1割も無いかも?です。
でも残りが全部恋愛ものなのか?と言うとそんなに浅くも無し。
詳しくはウィキペディアさんにて→「ハチミツとクローバー」

才能のある美大生とない美大生の悩み。それに恋愛が絡むって感じかな。
少女漫画にありがちなドロドロの好いたの惚れたの分かれたのー
だけでは無い所が人気が出た要因でしょうか。
うんうん、良い作品。

難点?とも言えませんが人物の書き分けがちょっと雑なのと
台詞の二重書きみたいなのが、ちょっと読み難いっちゅー感じがしないでもないけれども。


読みながら、頭の中は無意識のうちにスピッツの曲が流れていました。
なんてのーかな。なんかしっくりくるんすよね。
これはアニメ化するなら絶対だな。
・・・って思ってたんですが、このエントリを書くに当たって
お馴染みウィキペディアさんをちょろっと覗いてみたんですが・・・

なるほど。ハチミツとクローバーの「ハチミツ」はスピッツのアルバム
「ハチミツ」から頂いたものなのですね。
どうりで馴染む訳だ。

随分と年を経て、色んな所が汚れてきたなぁって思うけれど
たまにはこんな爽やかな物語も良いなぁ。
ラストでボロボロ泣けたのは秘密です(笑)
ある方から薦められて買ってみましたが、漫画棚に収納決定!
お勧め漫画の1本となりました。

さっそくお昼過ぎに女性が読みふける姿。
うん、買って良かった(^_^)
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示