FC2ブログ

アリス マッドネスリターンズ 感想とか

アリス1

「ここでは誰もが狂っている・・・」

自主規制により18歳未満への販売がNGなレート「Z」のアクションゲーム。
アメリカン・マギー氏による一部熱狂的ファンの存在する
「アリス イン ナイトメア」の続編が最新ハード、XBOX360とPS3で
発売されました。18禁とは言っても、エロス方面では無くて、残虐方面?

特に精神的に 「 クル 」方面でのZ指定のソフトなんですが
埋もれさせてしまうには惜しいし、続編期待も込めて&
非常に良く出来ていたので紹介してみます。

ゲームに興味の無い方はスルーで。
正直なレビューを読んでみたい方は続きからどうぞ<(_ _)>

アリス2

ゲームとしてそんなに良く出来ているのか?
と問われると答えはNOなんですよね(笑)
でも、その比較対象は3Dアクションの出来では
最早追いつく事さえ適わない?とさえ思わせる

スーパーマリオギャラクシー1・2などと比較して・・・の話。
この作品だけを見てみると、かなり良質なアクションゲーム。
難点は色々ありますし、足りない点も多いですが、まず
基本中の基本。

「触ってて気持ち良いかどうか?」

の点でかなり気持ちよろしいのですよね、コレ。
レスポンスも良好、フワフワを浮かぶジャンプアクションの匙加減
敵を叩く武器の切れ味感?諸々長時間触れていても余り違和感を持たないの。

製作者も何処かで述べていましたが、任天堂のゼルダやマリオなどの
3Dアクションはかなり参考にしたとのこと。
もちろん追いついていないけど、肝の部分はかなり押さえているなぁと。

美点は後にして先に難点を挙げてみると・・・

・作業が単調になり過ぎ

  ジャンプで細かいアクションをこなし、アイテムを集め、戦闘でムービー。
  もちろん王道パターンで問題無いんだけど、1~6のステージ全部でする事は
  全部同じってのが、作業感を強く感じさせる。

・カメラの自動追尾がお粗末

  最悪とまで言いませんし、ある程度自分の慣れれば制御可能ですが、ちょっち
  不親切かなぁ?わざと???な気もしないでもないけど。よーーっく世界を見させる為?

・翻訳が自動翻訳並に稚拙

  英語で聞き取れれば問題無いんだけど、残念ながらチンプンカンプンなんで
  英訳を頼りにする身としては、ここが致命的。せっかく含蓄のありそうな事、
  考えさせられるような深い台詞が散りばめられていそうなのに・・・

  これは間違いなく日本語の不自由な人が翻訳したか、自動翻訳のままか?
  どちらにしても確実に言える事はこれを翻訳した人間はアリスを読んだ事が
  無いのは明らか。世界観と翻訳が完全にチグハグで美点を著しく損傷する欠点。

  なんとかこの点をダウンロードコンテンツでも良いので改良して欲しいものです。
  可能なら日本語でセリフ充てたバージョンを出して欲しいなぁ。
  せめて次回作では改めて欲しいもんです。



アリス3

さて美点です♪

・美麗な世界観

  上の画像では中々伝わり難いかと思いますけども。
  この作品「不思議の国のアリス」をモチーフにした世界を構築してるのですが
  ダークな表現も多いものの、全体的に何処を切り取っても絵になる?
  とでも言うのでしょうか、センスに溢れた空間なのですよね。
  日本人には乏しい感性と言いましょうか、アーティスティックと言いましょうかね。
  
  こうした「絵で魅せる」作品は、日本でウケる
  「続編安定」 「萌え・腐 路線」 「厨二狙い」とは完全に文法が違うからでしょうか。
  アリスイメージ
  ね?なんとも妄想を掻き立てるイメージショットでしょ?
  もちろん、この絵が完全にゲーム内で再現されている訳では無いけれど
  概ね同じイメージだし、何より作り手側のこだわりが熱い位にビンビン感じる作品。

アリストランプ
  トランプで出来た世界も綺麗。

アリス横スクロール
  ちょいちょい挟まれる横スクロールアクションのセンスも中々。
  出来不出来は・・・まぁ、横に置いておいて・・・ね(笑)

アリス服
  服を着替える事も。どれも中々可愛い。ちなみに現在はXBOX360版ノーマルクリアして、ナイトメアレベル後半。
  PS3版はノーマルでチシャネコの服着て(敵が回復アイテム落とさなくなる)中盤位かな?
  着る服に寄ってアビリティ的なものもあるので、それによって難度が変わるのも悩ましてく良いかな。

アリスナイフ
  刃に魅入られるような狂気の目付きのアリスちゃん(笑)

アリスヒステリー
  薔薇の形のライフが残り1になるとヒステリーモード発動。
  一定時間攻撃を無力化。血の涙が怖いです(笑)

アリス巨大
  巨大化してトランプ兵(完全に骸骨ゾンビ化してますが)を足蹴にする様(笑)

アリス拘束具
  拘束服で病棟をさ迷うアリスちゃん(^_^;)  


物語は現実(精神病患者として隔離されたりも)と非現実(不思議の国=ワンダーランド)の妄想を
行ったり来たりしながら進みます。
火事で自分以外の両親と姉を失ったアリスの周りの大人はロクな人間が居ません(笑)
まぁ、大人っちゃーそーゆーもんなんだけど、それがまた精神世界に逃げ込むアリスの
妄想するワンダーランドの美しさを際立たせます。

ダークな世界にも受け取られる狂気のワンダーランドなんですが、触れてみると
とてつもなく愛しい感情で満たされているのを感じるのです。
これはきっとこの作品を作った人の妄想力の源がアリス目線で大切に大切に
描かれているからに他なりません。

残虐なシーン?も多少あるのですが、基本ココはアリスの妄想の世界。
だからアリスが想像出来る範囲のものしか具現化していないのです。
10代の少女が想像可能な残虐なんてたかがしれていて、どっちかと言うと
まだまだ綺麗なワンダーランドって感じです。

昨今こんなにも我侭に作られるゲームは中々無いのではないかなぁと
思い、応援の意味も込めて熱くレビューしてみました。

我侭=こだわりだと思うのですが、最近エンターテイメントを作るつくり手側にこれが無いのかなぁと。
まず企画が通るかどうかがありき、採算が取れるかどうかがありき。に感じるのです。

無料を謳い文句に寸借詐欺みたいにお金を集めるソーシャルゲームには
1000年かかっても追いつけない作品としての高みがこのゲームにはあります。
ましてや素晴らしいのはただ絵を見せたいだけ・・・の作品に留まっていない事。
きちんとゲームとしての文法を押さえた上で作りこんだ美麗な世界と融合させている事。

マイナス面を吹き飛ばす位、「俺はこれが作りたいじゃ!どやっっっ!!」って声が
聞こえてきそうです(笑)

これh是非とも次回作(既に作っているらしいのですが、製作販売に漕ぎつけるスポンサーが
見つからないみたいですね)を期待したい所です。
ビルゲイツ位金持ってたら、ぽーんと大金積んで、「もっとキレて作ってくれ」って言いたいな。

おまけに前作の 「アリス イン ナイトメア」もきちんと絵を作り直してリメイクして欲しいっす。
大金は出せませんが、確実に買いますんで頼みますよ、マギーさん<(_ _)>(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示