FC2ブログ

外国人のお客さま

2011/08/19  CATEGORY/未分類
当店の立地は、準工業地帯でありまして
近隣の工場関係の取引先の外国人がたまに来店されることもあります。
そんな中 当店の常連さんで「Sven(スウェン)」さんという
ドイツ人の方がいらっしゃいます。

今日は当店に来てくださるスウェンさんのお話。
スウェンさんは東大阪は布施で英会話教室をされています。

スミス英会話

初めて、スウェンさんがお店に来られた時のことは
今でも忘れられません。


私たち夫婦は、当然のことながら英語が話せませんので
外国人のお客さまがいらっしゃると
やっぱり ちょっと身構えてしまいます。
日本語が通じるかどうかは話してみないと分からないものですから(;^_^A

しかし、スウェンさんに至っては その緊張感もすぐ解け
流暢な日本語はさることながら
何よりスウェンさんの立ち居振る舞いに感心しました。

何気ない天候や挨拶からの自然な会話、
食前食後の礼儀、帰り際の一言など
最近 日本人のお客さまにも見られないような
コミュニケーションを違和感なく 
それはスマートに取ってくださったのです。

正直 こんなにも「感じの良いお客さま」というのは
とても珍しく、私たち夫婦は 一目でスウェンさんに
好感を持ちました。

初めての来店時の帰り際

「ごちそうさまです。とてもおいしかったです。
 またお店に来ます」

と言ってくださり、嬉しく思いつつも
恐らく 通りがかりで たまたま立ち寄ってもらえたのだろうから
またの機会があれば、本当に嬉しいなぁと半信半疑でいました。

ところが 1カ月後くらいに、言葉通りに
スウェンさんは来てくれましたO(≧▽≦)O
そして、また そのあとでも
たびたび 当店を訪れるようになってくれました。

来店を重ねるごとに スウェンさんの身の上を聞けました。
布施で英会話教室をやっていて、大体1月毎にビラ配りをしているそうで
その帰りに立ち寄ってくださっていたのです。

その話を聞き、すごいバイタリティだと感動しました。
見知らぬ国で暮らし、働くことの大変さは
想像を絶するものだと思います。
それを ちゃんとやってのけ、郷に入れば郷に従い
生活していらっしゃるスウェンさんが大変立派だと感じたのです。

以前、中国人の友達がいましたが
彼女もまた スウェンさんのように立派な人でした。

中国人の友達と言い
スウェンさんと言い
外国から来て 働いて 生活している人を通じて感じたことは
彼らは日本人が忘れた大切な何かをシッカリと持っているということです。
私たちも襟を正して 見習わなければならないと思うのです。

今では すっかりスウェンさんが来店されるのが
私たち夫婦の楽しみになりました。

以前、スウェンさんが当店のことをブログに書いてくださっています。
※スウェンさんが書いてくださった記事英語が分からない私ですが、とても嬉しく思いました。

少しでも英語が分かるようになれればなぁ(#^_^#)

当店にスウェンさんの英会話教室の広告もありますので
英会話に興味がある方は是非
スミス英会話で勉強されてみてはいかがですか?

※当ブログのサイドバー「リンク」欄にスミス英会話のリンクを貼っています♪

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示